統計から読む不動産

大人ニキビの原因は体の内側と外側に

2015年3月31日(火曜日) テーマ:その他

ニキビ(尋常性ざ瘡)も大人ニキビも実際には肌荒れが引き起こされる皮膚病の一種です。

思春期のものと異なり大人ニキビは洗顔方法やり過ぎなどがいつまでも治らない誘因と考えられます。

 

洗顔ソープを多用して洗ったり、手の平でゴシゴシ洗い流したり、非常に長く徹底的に油分を落とす行為は、皮膚の細胞を確実に壊して目立った毛穴を作る原因です。

 

特に石油が主成分の界面活性剤は注意しようと思っても発見しにくいです。

 

角質を多くしないことも美肌への道ですが、洗顔により水分をなくさない事、表面を乾燥させないことはさらに重要なポイントになります。

 

顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で何より欠かせない大切なステップ。

 

これを怠けてしまうとますます肌を乾燥させることとなってしまいます。

 

また、クレンジングやメイク用品も保湿力や保水力のあるものを使ってください。

 

ほかにも入浴剤を浴槽に入れたり、お湯を高い温度にしないというのも乾燥肌に有効です。

 

冬になると空気が乾いてくるので、肌の水分も奪われがちです。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

 

ところが今では、こうした栄養成分が睡眠中にムダになっているわけではないことがどんどん分かってきています。

 

よくある敏感肌は、外側の少しの刺激にも肌が変化してしまうので、外側の簡単な刺激が顔の肌に問題を引き起こす因子になることがあると言っても、間違ってはいないはずです。

 

あなたの肌荒れ・肌トラブルを修復に導いてもらうには、細胞内部の身体の新陳代謝を頻繁にしてあげることが必須だと言えます。

 

体の代謝機能が下がることにより、風邪とか別のトラブルの要因なると考えますが、ニキビ・肌荒れもそれだと考えられます。

 

大人ニキビに悩んでいるあなたでも、十分な睡眠を取った翌日にはお肌の調子がいいはずです。

諦めずに試してみて下さい。

この話の元はここに書かれていましたのでリンクをのせておきますね。大人ニキビ原因と対策ラボ